スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大幸福社会の実現―天照大神緊急霊示―

最大幸福社会の実現―天照大神の緊急神示最大幸福社会の実現―天照大神の緊急神示
(2010/07/02)
大川 隆法

商品詳細を見る

今の時代にあって、
日本の主宰神天照大神直説の霊示を読むことができるのは
まさしく現代の奇跡だ。


日本を主宰する天照大神が、
今の日本を憂え、自身の思いを日本の国民(くにたみ)に伝えんとご降臨されたのだ。
日本の国民ならば、その信仰の有無と関係なく
一読の価値はあるだろう。

スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

凡人の自覚 -心の指針58-

大川隆法総裁 心の指針58

凡人の自覚

『若き日のエル・カンターレ』という本に、
小さい頃の私が、
平凡さの自覚に苦しんでいたことを書いてある。
良心の教育方針や教育認識に、
限界があるなどと、考えたこともなかった。
教育観球が悪いなどと、
知りもせず、知ろうともしなかった。
家のお金のなさが、
学力不振につながるなどと、
思ってもみなかった。

ただ、自分の能力の低さに原因を求め、
他人が一時間でやれることを、
二時間、三時間かければ、
必ず達成できると信じていた。

凡人の自覚が、
他人に頼らない、
自助努力の精神を育てた。

言い訳をしないこと、

ただ、ただ、
自分自身の手でやれることを、
やり続けること。
こんな平凡なことが、
成功の法則であったのかと、
この年歳(とし)にして、しみじみと感じている。


テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

総裁先生富山中央支部御巡錫

さる9月27日曜日、大川隆法総裁先生が実に17年ぶりに富山の地に降り立たれました。
富山に支部精舎が出来てからは初めてのご訪問です。
17年前総裁先生はここ富山で「無限の愛とは何か」と言う題名でご説法なさいました。
今回は「神と悪魔」です。
この内容は「無限の愛とは何か」の時と同様に後で書籍になるそうです。

今年は金沢で初めて総裁先生の講演を直に聞くことが出来、ずっと後ろの席ではあったのですが肉声を聞き、生の総裁先生を拝見出来るだけでも光栄なことでしたが、幸運にも今回は礼拝室にはいらせて頂くことが出来て、前列より6列目でずっと間近に総裁先生にお目にかかることが出来ました。
これほど嬉しいことはありません。私はずっと外の仮設テントでモニター拝聴するつもりでしたから。

礼拝室で着席している時、一つ不思議なことがありました。
総裁先生が支部に御到着される30分ほど前から体の中心がカッと暖かくなりそれは総裁先生が到着してご説法をしておられる間中続きました。礼拝室の温度設定は21℃です。

先生の霊的パワーの強さを実感しました。それは到着される前から支部に及んでいたのです。
それからお話の終盤、早朝の町内行事で公園の草刈りがあった疲れが出てきたせいか眠くてしかたなくなっていたとき、総裁先生が「睡眠を呼ぶのが得意な悪魔がいる」と話し始めたのには正直ドキッとしました。

最後に選挙の疲れも癒えぬ中、この富山の地に御巡錫頂いたことに感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

大川隆法総裁、国師としての提言 第5弾!



今月下旬発刊予定の新刊です。

今、大川隆法総裁先生が一宗教家の立場を超えて次々と政治向きの話を書籍として発刊しておられるのは、それだけ大きな危機がこの国に迫っているからです。
放っておくとまさしく日本国民は亡国の民になり果てます。
それはただ単に幸福の科学が勝手に主張しているのではなく、今の政治家や官僚の日頃の言動を見ていれば明らかな通り、北朝鮮に核の脅威を突き付けられても相変わらず官益、党益を離れることが出来ず、国益の立場から行動できる人達が現れない事実を持ってしても明らかです。
北朝鮮のみならず覇権国家中国に対してもまた然りです。

本来党益を超えこの国の利益に則って話し合うべき人達が自分達の仕事をしないからこそ総裁先生はあえて国師としての立場から主張し続けておられるのです。
表に出て発言を繰り返せば、心無い人達の無責任な誹謗中傷にさらされる事も当然承知しておられます。
それでもなお言うべきことは断固として言う、主張すべきことは断固として主張する、勇気を持って主張する。それが大川隆法総裁のお考えなのです。

どうしてそこまでできるのかと言えば、大川隆法総裁は誰よりもこの国の未来に対して責任を感じておられるからなのです。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

国家の気概

国家の気概 -日本の繁栄を守るために国家の気概 -日本の繁栄を守るために
(2009/06/01)
大川 隆法

商品詳細を見る


・日本が気概ある国家になるために、日本人が気概を持って生きるために、必読の一書です。
・天皇制を維持したまま大統領制を導入できる理由が分かります。
・国防をおろそかにしているといかに危険かが分かります。
中国が今の政治体制のまま覇権主義を続けると、無防備な今の日本では間違いなく中国にのみ込まれてしまします。その時アメリカは何の手助けもしてくれません。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

ビーチ時計

by Animal Clock
プロフィール

kuschan

Author:kuschan
富山市で幸福の科学の布教所を開いています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。