スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教的真理は過去にだけ説かれるものではない

仏教やキリスト教、イスラム教など古い宗教は誰もが認める世界宗教だ。
それ以外の神道やヒンズー教などその国独自の宗教も成立してから長い年月を経ているものは皆それなりの地位を得ている。
翻って比較的成立年の浅い宗教は新興宗教として分類され、その多くはその教えの内容に関わらず宗教としての市民権は甚だ不十分だ。
それでももっその中に何百年、何千年も先まで残るものがあればそれは宗教としての地位を確立していることだろう。
しかしその基本となる教義は教祖がリアルタイムに生きた時代の教えであるはずであり、それは今という時代に他ならない。
仏教もキリスト教もイスラム教もできたばかりの頃は新興宗教だった。
その教えに感化され価値を感じた人々が懸命に後の世に伝えたからこそ現在世界宗教としての地位を確立している。
じゃあそれらの宗教の前にはそれに匹敵する教えはなかったと言えるのだろうか?
人々の心を教え導く教えはなかったと言い切れるのだろうか?
恐らくあっただろう。
しかしそれらが形骸化して人々の心を教え導くという役割を果たせなくなったからこそ新しい教えとして仏教やキリスト教、イスラム教などが出てきたのではないだろうか。
また地域によってはそのままでは受け入れられないこともあるだろう。
世の中の価値観が変われば古すぎる教えでは説き切れないことも出てくることだろう。

そうした時、必要になるのは時代の要請に応えることのできる教えではないだろうか?
今これらの世界宗教は再び形骸化している。
それは当時より世界が広くなって古い時代の教えでは包括しきれんくなっているからだ。

だからこそ雨後のたけのこの如く新しい教えが出現してきている。
それらの中には短い間に消えて行く者も当然ある。
しかし最も普遍的な教えを含む新興宗教は新しい時代の価値観に応えるものとしてやがて多くの人々に受け入れられ
仏教・キリスト教・イスラム教などに代わる新しい酒井宗教として後世まで伝えられていくことだろう。
我々がすべきなのは新興宗教の全てを排除するのではなく、
真実の教え、普遍的真理を包含するものはどれかを見分ける力を見につけることだ。
混迷の時代、それはとても困難なことだろう。
しかし現代を生きる我々はそれを乗り越えて真実の教えを後世に残す努力をすることが寛容なのだ。
真なる教え、普遍の真理は何千年も後世の人々までもを救う使命を持っているのだから。
スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

相談ごとに乗る時は

友人から相談を受けた時、自分もおなじ様な悩みを抱えていて、
相手が話している途中なのに、
「自分も一緒なんだから・・・」
と、答えてしまうことはないでしょうか?
これでは相手の気持ちを全否定しているのと一緒です。

あなたがもしも普段、「心の勉強」をしている人だったとしたら、
友人に何のために勉強しているのだろうと幻滅されるかもしれません。

相談事を他人に打ち明ける時、人は自分の言い分を一旦受け入れて欲しくて打ち明けるのです。
相談を受ける側はまず聞き役に回り、相手の言葉を途中で遮ることなく最後まで話してもらいます。
徹底的に聞き役に徹することが大切です。
例え相手の言い分に問題点が見つかってもそれに対して途中で意見しないようにします。
それをすると相談体が途中で中断し、場合によっては相手が過度に感情的になってしまうので注意ししなければなりません。
相手は信頼して打ち明けてくれるのですから一度でも否定的な態度を示せばもう二度と相談してくることは無いかもしれません。
その時、相手は相談前より傷ついていますからそれだけは避けなければいけないのです。
機器や気宇に徹した後は、相手の話を振り返りながら、自分の意見を言いますが、
この時、相手の間違いを「間違っている」とストレートに指摘するのはやめた方が無難です。
必ず相手が自分で間違いに気付きどうすべきだったか、どうすべきかを考える余地を残しておきます。
人は他人の意見に従うより自分で決めて実行した方が素直に行動することが出来、問題の解決が早くなるからです。
アドヴァイスはしても解決の方法は自ら選択できるように残しておくことが重要なのです。

続きを読む

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

『創造の法』発刊



総裁先生最新刊『創造の法』発刊されました。
サブタイトル「常識を破壊し、新時代を拓く」です。

主な内容
「これからの時代、過去の延長線上に
未来は築けないだろう。
昨日の成功を今日は捨て去り、
今日の成功を、明日は破壊し、
さらなる創造の新境地を拓く。
そうであってこそ、
未来に生きる人たちにも夢が花咲くのだ。」
(「まえがき」より)


●「インスピレーションの本質」とは何か
●人間関係の調整にも「発明」が要る
●アイデアを引き寄せる「この方法」
●赤字改善の為に今何をなすべきか
●「人と違うこと」を恐れるな
●グリーン・ニューディールにみる
 オバマ大統領の「戦略」
●不況期こそ経営革新のチャンス


2010年を新しい日本を創造する年にしましょう。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

心の三毒

貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を心の三毒と言います。

「貪」は貪りの心。
「瞋」は怒りの心。
「癡」は愚かな心。

貪る心は、性欲、物欲、名誉欲、地位欲などの様々な欲に心が支配されて、抑えがきかない状態。
怒りの心とは、動物のごとく本能の赴くままに怒りの感情を爆発させコントロールできない状態。
愚かな心とは、確かな基準を持たないために善悪、正邪の判断が出来ず間違った言動を繰り返すこと。またすぐに他人のせいや自分以外の何かのせいにして責めることもそれに当たるのではないかと思います。

どれもみな必ず思い当ることがあるはずです。

ただそれが普通の人であるなら周囲に与える影響は少なく限定的ですが、これがもし為政者として選ばれた人たちであったらどうでしょうか?
その立場が大きくならばなるほど社会全体に与える影響力は大きくなるでしょう。
だからこそ為政者には徳の力、徳力が求められるのです。

残念ながら今の政治家の多くが、この三毒に侵されています。
与えられた地位や名誉を自分と思い(貪)、批判に対して怒りを顕わにし(瞋)、謙虚に聞く耳を持ちません。
そして善悪・正邪に関係なく自己の立場を正当化して行動している(癡)のです。
その結果、死後たくさんの政治家が地獄へと落ちていきます。
歴史上評価されながらこの三毒の赴くままに行動したばかりに地獄へ落ちた政治家もたくさんいるのです。
それはあの世が心がすべての世界だからです。
悪しき思いを持ったままでは、天国の門は決して開くことはないのです。

天国へ還るためには、悪しき思いを心に溜めないことです。
そのために反省があります。
日々常に反省し、心に抱いた悪しき思い、その結果の言動を点検して素直に神仏に詫びる思いが、
心の中を浄化してくれるのです。

神仏は100%存在します。
そしてすべての生命は神仏から分かれ出た存在なのです。
それは信じるとか、信じないとか以前の厳然たる事実なのです。

人も他の生き物も、地球や空の星〃もみんなこの宇宙の中を漂う物質からできています。
でも漂っているだけの物質が何億年のかけたら星や生き物に偶然なるでしょうか?
星は星に生き物は生き物に、それぞれ固有の姿形になることが出来るのは決して偶然には起こりえないことなのです。

人は念いによって物を作ります。
宇宙にはそれに似た念いが遍在しています。宇宙よ「在れ」と言う神仏の念いです。
それが星や生き物を作り出すエネルギーとなるのです。
この共通項こそ人が神仏の意志によって作られた何よりの痕跡でもあるのです。





テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

本日より上映『仏陀再誕』

wp_sayoko_youki_432_346.jpg

富山県は 富山シアター大都会にて

本日の上映時間
10:15/
12:30/
14:45/17:00/
19:15/
21:30~終23:30/


他県の上映スケジュールはこちら

監督 : 石山タカ明
原作・原案・製作総指揮 : 大川隆法
声の出演 : 子安武人 、 小清水亜美 、 吉野裕行 、 白石涼子 、 三石琴乃 、 置鮎龍太郎 、 銀河万丈 、 千葉繁 、 三木眞一郎 、 島本須美

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

ビーチ時計

by Animal Clock
プロフィール

kuschan

Author:kuschan
富山市で幸福の科学の布教所を開いています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。