FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「富をよこしなさいされば与えん」

民主党の政策には社会保障を厚くし、また子育てや教育のための家計支援も過剰なほどに盛り込まれています。
このような政策の基本は、「富をよこしなさい、されば与えん」と言外に宣言しているのに等しいです。
つまり十分な補償をする代わりに必要なお金を自分達に渡しなさいと言っているということです。
これは社会主義の考え方であって、国民の私的財産を極力減らし、集めたお金を国が自分達の目的に応じて再分配する手法に他なりません。
そのような社会のもとでは金持ちは存在せず、国民の生活は全て国のコントロール下に置かれることになります。
経済の主導権を国に抑えられている現在においても半コントロール下にある様なものですが、コントロールが強化されると私達のような宗教活動さえも国の監視下に置かれ遂には弾圧される可能性があるのです。
そのような社会はもはや民主主義の国とは言えません。
信仰の自由が認められてこそ真に民主主義の国だと言えるからです。

社会福祉を名目とした国民の富の横取りは社会主義化への第一歩です。
国に手厚い社会保障を求め自らの富の横取りを容認することは、自らの生活の主導権を国に明け渡してしまう事なのです。

国民の生活の基本は自助努力です。
自ら得た富によって自らの生活を維持する。
そのためにこそ富は容認しなければなりません。
当たり前にお金持ちが社会に存在し、努力すれば誰でも豊かになれる世の中は、国に生活の保障を求める中からは生まれてきません。

国が保証すればよいのは本当に生活が成り立たない人々だけで良いのです。





テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

ビーチ時計

by Animal Clock
プロフィール

kuschan

Author:kuschan
富山市で幸福の科学の布教所を開いています。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。