スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相談ごとに乗る時は

友人から相談を受けた時、自分もおなじ様な悩みを抱えていて、
相手が話している途中なのに、
「自分も一緒なんだから・・・」
と、答えてしまうことはないでしょうか?
これでは相手の気持ちを全否定しているのと一緒です。

あなたがもしも普段、「心の勉強」をしている人だったとしたら、
友人に何のために勉強しているのだろうと幻滅されるかもしれません。

相談事を他人に打ち明ける時、人は自分の言い分を一旦受け入れて欲しくて打ち明けるのです。
相談を受ける側はまず聞き役に回り、相手の言葉を途中で遮ることなく最後まで話してもらいます。
徹底的に聞き役に徹することが大切です。
例え相手の言い分に問題点が見つかってもそれに対して途中で意見しないようにします。
それをすると相談体が途中で中断し、場合によっては相手が過度に感情的になってしまうので注意ししなければなりません。
相手は信頼して打ち明けてくれるのですから一度でも否定的な態度を示せばもう二度と相談してくることは無いかもしれません。
その時、相手は相談前より傷ついていますからそれだけは避けなければいけないのです。
機器や気宇に徹した後は、相手の話を振り返りながら、自分の意見を言いますが、
この時、相手の間違いを「間違っている」とストレートに指摘するのはやめた方が無難です。
必ず相手が自分で間違いに気付きどうすべきだったか、どうすべきかを考える余地を残しておきます。
人は他人の意見に従うより自分で決めて実行した方が素直に行動することが出来、問題の解決が早くなるからです。
アドヴァイスはしても解決の方法は自ら選択できるように残しておくことが重要なのです。
友人が不平不満を感情的になって並べ立て怒っている時
相手の感情の高ぶりを抑えないように、一緒になって怒ってあげましょう。
「そうだそうだ」でも「ばっかじゃないの」でも何でも構いません。
間違っても「そう怒るな」と頭から相手の怒りを収めようとすることです。
これは逆効果です。
同じレベルで怒りを表現してあげれば、やがて冷静さを取り戻します。
人(自分)の振り見て我(あなたの)ふり直せ」と言うことです。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

ビーチ時計

by Animal Clock
プロフィール

kuschan

Author:kuschan
富山市で幸福の科学の布教所を開いています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。