スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教的真理は過去にだけ説かれるものではない

仏教やキリスト教、イスラム教など古い宗教は誰もが認める世界宗教だ。
それ以外の神道やヒンズー教などその国独自の宗教も成立してから長い年月を経ているものは皆それなりの地位を得ている。
翻って比較的成立年の浅い宗教は新興宗教として分類され、その多くはその教えの内容に関わらず宗教としての市民権は甚だ不十分だ。
それでももっその中に何百年、何千年も先まで残るものがあればそれは宗教としての地位を確立していることだろう。
しかしその基本となる教義は教祖がリアルタイムに生きた時代の教えであるはずであり、それは今という時代に他ならない。
仏教もキリスト教もイスラム教もできたばかりの頃は新興宗教だった。
その教えに感化され価値を感じた人々が懸命に後の世に伝えたからこそ現在世界宗教としての地位を確立している。
じゃあそれらの宗教の前にはそれに匹敵する教えはなかったと言えるのだろうか?
人々の心を教え導く教えはなかったと言い切れるのだろうか?
恐らくあっただろう。
しかしそれらが形骸化して人々の心を教え導くという役割を果たせなくなったからこそ新しい教えとして仏教やキリスト教、イスラム教などが出てきたのではないだろうか。
また地域によってはそのままでは受け入れられないこともあるだろう。
世の中の価値観が変われば古すぎる教えでは説き切れないことも出てくることだろう。

そうした時、必要になるのは時代の要請に応えることのできる教えではないだろうか?
今これらの世界宗教は再び形骸化している。
それは当時より世界が広くなって古い時代の教えでは包括しきれんくなっているからだ。

だからこそ雨後のたけのこの如く新しい教えが出現してきている。
それらの中には短い間に消えて行く者も当然ある。
しかし最も普遍的な教えを含む新興宗教は新しい時代の価値観に応えるものとしてやがて多くの人々に受け入れられ
仏教・キリスト教・イスラム教などに代わる新しい酒井宗教として後世まで伝えられていくことだろう。
我々がすべきなのは新興宗教の全てを排除するのではなく、
真実の教え、普遍的真理を包含するものはどれかを見分ける力を見につけることだ。
混迷の時代、それはとても困難なことだろう。
しかし現代を生きる我々はそれを乗り越えて真実の教えを後世に残す努力をすることが寛容なのだ。
真なる教え、普遍の真理は何千年も後世の人々までもを救う使命を持っているのだから。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ビーチ時計

by Animal Clock
プロフィール

kuschan

Author:kuschan
富山市で幸福の科学の布教所を開いています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。