FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『脳死』は人の死ではありません

『脳死』は人の死ではありません。
きょう国会で臓器移植法改正案のA案が過半数の賛成によって採決されました。
賛成263票反対167票共産党は全員棄権、党議拘束は無し。
つまり投票した議員は皆自分の判断で賛否を決めたと言う事です。
可決されたA案は最も移植に有利な条件で、『脳死』を持って人の死とし0歳児からの提供が可能です。

移植を待つ家族や本人にとっては非常にありがたい法案です。
しかし脳死患者を抱える家族にとってこれほど残酷な法案はありません。
移植の必要な人を助けたい気持ちは分かります。しかしだからと言って今以上に条件を緩和することは許されません。
なぜなら『脳死』は人の死ではないからです。
宗教的な立場から言わせてもらうならば、人には魂があり肉体と霊子線(シルバーコード)と言う線で
つながっています。
この線が切れた時が本当の人の死なのです。
自然状態で死を迎えた時、この霊子線が切れるまで24時間程度の時間が必要です。
通夜と言う風習はそのためにあるのです。単なる慣習ではありません。
昔の人の方がよく分かっていたのです。
つまり脳死を迎えただけでは人はまだ生きているのです。
その証拠に脳死状態でも人は成長します。幾つも実例があるのです。

この法案に賛成した議員はそのことを全く理解していません。
この法案は人間の尊厳を冒涜しています。悲しい限りです。

『脳死』を人の死とするのではなく、『脳死』状態から人間を回復させるための医学的な研究や再生医療の研究にもっと目を向けてほしいものです。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

こんばんわ。

このニュースが気になっていましたが、A案が採決されたんですか。がっくりです。
特に、0歳児からなんて、臓器移植時の驚愕の事実を知ったら、親は絶対に臓器移植など許可できるはずがありません。

真実の霊的人生観が弘まるよう、声を大にして訴えていかないといけませんね。

Re: こんばんわ。

> このニュースが気になっていましたが、A案が採決されたんですか。がっくりです。
> 特に、0歳児からなんて、臓器移植時の驚愕の事実を知ったら、親は絶対に臓器移植など許可できるはずがありません。
>
> 真実の霊的人生観が弘まるよう、声を大にして訴えていかないといけませんね。

人道的立場から賛成したと言う議員の方々は頭の中で選挙のことを念頭に置いて印象を良くしておきたかったのではないでしょうか。
霊的な真実を知らないと言う事は恐ろしいことです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ビーチ時計

by Animal Clock
プロフィール

kuschan

Author:kuschan
富山市で幸福の科学の布教所を開いています。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。