FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『脳死』の真相

脳死についてもう少し詳しく書きたいと思います。
脳死を人の死として、臓器移植手術を実施するとどうなるのか?

脳死状態の人は外に向かって意思表示できないだけで自分の身の回りに起きている事をちゃんと理解しています。
そんな人を死んだことにしてメスで胸やお腹を開き、臓器を取り出したらどうでしょうか?
自分の立場に置き換えて考えてみてください。

死人扱いなので当然麻酔はありません。
それこそ死んでしまいそうなほどの痛みと苦しみを感じることになります。
止めてくれとどんなに叫んでも相手には聞こえません。
生前自分が臓器提供の意志表示していたとしても、それは脳死になれば自分は死んでしまって何も感じなくなると思っているから出来る事なのです。
何度も言いますが脳死は人の死ではありません。脳死者は生きているのです。痛みだって感じます。

ただそれを伝える術がないだけです。
その証拠に脳死患者の体に強い痛みを伴う行為を与えたら血圧が上昇するそうです。
無言の意思表示です。
ではそれが麻酔を伴わない外科手術だったらどうでしょう?

最早医療行為ではなく惨殺行為と変わりありません。殺人そのものです。
人間の本質が霊(魂)であることを知らないからこそ出来る行為なのです。
考えただけでゾッとします。
ですがそうした行為を容易にしようと言うのが今回採択された臓器移植法案の改正(悪)案なのです。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

ビーチ時計

by Animal Clock
プロフィール

kuschan

Author:kuschan
富山市で幸福の科学の布教所を開いています。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。